2011年03月31日

震災の日


3月11日
東北から関東を未曾有の天災が襲いました。
遅ればせながら・・・
被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。

地震が起きたとき、私はビルの8階で仕事中でした。
最初は「地震だな」と呑気に思っておりました。
次第に体感したことのない揺れとなり、
古い建物だったため周囲の壁がひび割れて行くのを見るうちに、
NZのビル倒壊を思い出し「崩れ始めたら、どうやって逃げようか」と本気で考えていました。

このとき、さっき〜は家で留守番中。
地震が治まるやいなや、急いで家に戻りさっき〜の救出を試みました。

マンションの8階にある部屋は、色々な物が散乱しており、
歩くのもままならない状態です。
その中で、かわいそうなさっき〜はサークルの中で鳴いていました。
扉を開けると、一目散にドアへと走るさっき〜。
「はやく、はやく逃げよう!」と目が訴えています。

そういえば、先代犬の蘭子も雷や地震の時は、
一目散に玄関へ走っていって、
「早く逃げよう!」と目で訴えていました。
外に出ると、今度は駐車場まで走っていって、
「車で逃げる!」と乗り込もうとしていました。
こんなところは、二人とも似ています。
さっき〜、らん姉に教わったのでしょうか?


らんこ避難.jpg

サークルの周囲は落ちる物もなく、安全でした。
リビングにある、さっき〜がいつも寝ているベッドの上にも色々な物が落ちており、
「ここで寝ていたら、さっき〜危なかったかも」と冷や汗が出てきました。
そのままさっき〜を連れて仕事場に避難し、その日は難を逃れたわけですが・・・。

ソファで寝る.jpg

それ以来、さっき〜は地震恐怖症となってしまい、
大きな余震が来るたび、ソワソワして玄関の所に飛んでいきます。
それまでおとなしく入っていたサークルにも問題が・・・。

ハハのだっこ.jpg

最初は「さっき〜、ハウスね。」というとおとなしく入るのですが、
しばらくすると鳴きだしてしまいます。

留守番中に何度か余震がありましたが、
帰ってみるとサークル内で暴れたらしく、ベッドもマットも、
水の入ったボウルも全てメチャクチャになっており、
マットの上におしっこまでしていました。

それほど怖かったのでしょう。
本当は、一番安全な場所なのに。

擦りむけ.jpg

そのうえ、鼻の頭を擦りむいてしまい、傷になっていました。
どうしてこんな傷ができたのか、そのときは理由がわかりませんでした。



その理由は、しばらく経ってわかってきました。
さっき〜でさえ、地震を怖がるようになってしまった。
被災地の犬たちは、きっと、もっと怖い思いをしているのでしょう。
人間でさえ、まだ日々を生き延びるのがやっとの避難所もあるようです。
どうか、みな無事で過ごせますように。


はなちょびぃハハ様が、被災した犬たちを支援する団体の情報をアップされています。
さっき〜の同窓犬、しおりんのハハ様であるパッしおん様が、
被災地義援金等の情報をアップされています。


ベッドで寝る!.jpg

できることから、少しづつ。
さっき〜のケアをしながら、
僅かずつでも力添えができればと思っています。

posted by ともまる at 22:54| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 豆柴さきむの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さっき〜、鼻の頭の傷、お大事にしてくださいね。
マンションの上の階の方たちは、相当揺れたのでしょうね。
さっき〜もさぞかしビックリしたでしょうね。

うちももこちゃんが、本震は平気だったのに、余震で窓枠のギシって音に驚いてから、
しばらく余震のたびに、ビクビクして吠えていました。
意外なやつに後遺症が出ています(汗
Posted by はなちょびぃハハ at 2011年04月05日 16:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/193521235

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。