2011年03月31日

震災の日


3月11日
東北から関東を未曾有の天災が襲いました。
遅ればせながら・・・
被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。

地震が起きたとき、私はビルの8階で仕事中でした。
最初は「地震だな」と呑気に思っておりました。
次第に体感したことのない揺れとなり、
古い建物だったため周囲の壁がひび割れて行くのを見るうちに、
NZのビル倒壊を思い出し「崩れ始めたら、どうやって逃げようか」と本気で考えていました。

このとき、さっき〜は家で留守番中。
地震が治まるやいなや、急いで家に戻りさっき〜の救出を試みました。

マンションの8階にある部屋は、色々な物が散乱しており、
歩くのもままならない状態です。
その中で、かわいそうなさっき〜はサークルの中で鳴いていました。
扉を開けると、一目散にドアへと走るさっき〜。
「はやく、はやく逃げよう!」と目が訴えています。

そういえば、先代犬の蘭子も雷や地震の時は、
一目散に玄関へ走っていって、
「早く逃げよう!」と目で訴えていました。
外に出ると、今度は駐車場まで走っていって、
「車で逃げる!」と乗り込もうとしていました。
こんなところは、二人とも似ています。
さっき〜、らん姉に教わったのでしょうか?


らんこ避難.jpg

サークルの周囲は落ちる物もなく、安全でした。
リビングにある、さっき〜がいつも寝ているベッドの上にも色々な物が落ちており、
「ここで寝ていたら、さっき〜危なかったかも」と冷や汗が出てきました。
そのままさっき〜を連れて仕事場に避難し、その日は難を逃れたわけですが・・・。

ソファで寝る.jpg

それ以来、さっき〜は地震恐怖症となってしまい、
大きな余震が来るたび、ソワソワして玄関の所に飛んでいきます。
それまでおとなしく入っていたサークルにも問題が・・・。

ハハのだっこ.jpg

最初は「さっき〜、ハウスね。」というとおとなしく入るのですが、
しばらくすると鳴きだしてしまいます。

留守番中に何度か余震がありましたが、
帰ってみるとサークル内で暴れたらしく、ベッドもマットも、
水の入ったボウルも全てメチャクチャになっており、
マットの上におしっこまでしていました。

それほど怖かったのでしょう。
本当は、一番安全な場所なのに。

擦りむけ.jpg

そのうえ、鼻の頭を擦りむいてしまい、傷になっていました。
どうしてこんな傷ができたのか、そのときは理由がわかりませんでした。



その理由は、しばらく経ってわかってきました。
さっき〜でさえ、地震を怖がるようになってしまった。
被災地の犬たちは、きっと、もっと怖い思いをしているのでしょう。
人間でさえ、まだ日々を生き延びるのがやっとの避難所もあるようです。
どうか、みな無事で過ごせますように。


はなちょびぃハハ様が、被災した犬たちを支援する団体の情報をアップされています。
さっき〜の同窓犬、しおりんのハハ様であるパッしおん様が、
被災地義援金等の情報をアップされています。


ベッドで寝る!.jpg

できることから、少しづつ。
さっき〜のケアをしながら、
僅かずつでも力添えができればと思っています。

posted by ともまる at 22:54| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 豆柴さきむの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

初ペットキャリー


最近よく行くホームセンターが、
ペットキャリーを用意していることを知りました。
キャリーに入れれば、売り場の中を自由に歩ける。
一緒に買い物ができるということで、
さっき〜、初ペットキャリーです。

先代犬の蘭子も、ペットキャリーに乗ったことがありました。
最初は怖くて、いきなりキャリーから飛び降りて慌てたけれど、
「大丈夫。オスワリしてれば怖くないよ」と言っているうちに、
落ち着いて座ってくれるようになりました。


蘭子キャリー.jpg

さっき〜は、初めてのモノにとても警戒するタイプ。
キャリーに乗ったら、いきなり飛び降りるんじゃないかと、
ちょっぴり心配していました。
まあ、そうなったらダッコしたまま、
外の土手に行って、散歩すればいいと思っておりました。
ここは荒川土手沿いにできた、新しいお店なのです。


咲夢キャリー1.jpg

さっき〜をキャリーの上に降ろすと、
やはり最初は「何ここ?早く降ろして!」と居心地が悪そうです。
「大丈夫。怖くないから、おすわりしようね」
と声をかけると、恐る恐るおすわりしました。

咲夢キャリー2.jpg

アニがゆっくりキャリーを動かして、エレベータで売り場の階に。
売り場の中を、ゆっくりキャリーに乗せて進んでいくと、
安心したのかおすわりから、顎をキャリーの縁に乗せて、
周囲を眺めるようになりました。
それから、周囲を見回したり、キャリーの中で寝ころんだり、
いつの間にか余裕綽々になってしまったさっき〜。
周りにお客さんがいても、子供が騒いでいても、
鳴きもせずに、キャリーの中でじっとしています。

咲夢キャリー3.jpg

ハハも心配して連れ添っていましたが、さっき〜は全く問題なし。
警戒心は強いけれど、「安心」とわかれば順応するのは早いみたい。
なかなか芯の強い、さっき〜の一面を見たようです。

これは気に入らないことなのですが、
ペットコーナーでは犬や猫の生体が売られています。
閉店間際だったため、当日はケージに犬や猫はいませんでした。
でも、さっき〜はじーっと、誰もいないケージの中を見つめていました。
昔、彼女もこういう所にいたことを、思い出していたのでしょうか?
今となっては、わからないことの一つですが、
そんな記憶は、一日も早く忘れさせてあげたいと思います。

買い物の後は、さっき〜荒川の土手を走り回って楽しみました。

posted by ともまる at 23:16| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 豆柴さきむの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。